Attempts_in_nameless_days...

2014

Community Project

http://attemptsinnamelessdays.tumblr.com/

“Attempts in nameless days…” was a series of small attempts that involved cooperation to carry out self-imposed tasks, as well as suggested tasks. This project lasted for 1 month and each day at least one task was completed with the cooperator(s). All the tasks were simple but required some kind of cooperation. Each task was done roughly about 30 minutes to 1 hour in average. Also, the cost of each project was limited and up to 1000 yen (about US$10). About 85 tasks were listed up over a month and about half of them were successfully completed.

This project was based on three theories; “Valley Section” by Patrick Geddes, “the Law of Success” by Napoleon Hill and “Relational Aesthetics” by Nicholas Baurriaud. By referring to “Valley Section”, Suzuki explored various tools, occupations and the associating stories and items by different altitudes from seashore to mountain area. By “the Law of Success”, he wrote a plan and worked with cooperators with trials and errors to examine the power of imagination, writing and pragmatic approach to our world. And finally, by “Relational Aesthetics”, he created a unique situation for the audience/participants as artistic practice.

All the ideas led to different outcomes and stimulated to other tasks. Through this project, unexpected encounters and coincidences appeared to add more meanings to the project. In the consecutive 30 days, all the cooperators and Suzuki gained feelings of accomplishment that contributed for the community and themselves.

『名もなき日々の試みは...』

2014

​コミュニティー・プロジェクト

 

http://attemptsinnamelessdays.tumblr.com/

『名もなき日々の試みは...』は、自分に課題を貸せ共同で実施する小さな試みの数々です。このプロジェクトは1ヶ月続き、毎日少なくとも一つは実施しました。課題は全てシンプルなもので、何らかの共同活動を必要とします。それぞれだいたい30分から1時間で実施できます。一つのプロジェクにかかる費用は1,000円までに抑えました。85の課題が発案され、半分ほどが実施に至りました。

このプロジェクトは3つの理論に基づいています。パトリック・ゲデスによる「ヴァレー・セクション(渓流領域)」、ナポレオン・ヒルによる「成功の法則」、ニコラ・ブリオーによる「関係性の美学」です。「ヴァレー・セクション」からは海岸から山の領域に至る異なった高度と関係のある道具や職業、物語などの地域探求を参照しました。「成功の法則」からは、想像力、計画の書き出し、それらの実践を通して、様々なことを実現し、達成していく力を検証しました。そして、「関係性の美学」からは、芸術手法として観衆や参加者とのユニークな状況の共有場作りを参照しました。

発案したアイデアは様々な結果をもたらし、他の課題を誘発していきました。このプロジェクトを通して予想していなかった出会いや偶然がさらなる意味合いをこのプロジェクトに付与していきました。30日間で参加者もアーティスト本人も達成感を実感し、地域社会へ何らかの貢献ができたと実感しています。

Book

 © 2018 by Keijiro Suzuki

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • グレーのYouTubeアイコン
  • Grey Vimeo Icon
Keijiro
Suzuki